おっさんが参加しても大丈夫?

おっさんが参加しても大丈夫? そろそろ自分もいい年になってきたので、旧車會のイベントに参加したいものの浮いてしまうのではないかと悩んでいる人も少なくないでしょう。
若い頃はいろいろな無茶ができたり体力も有り余っていたりと、夜通し全力で遊び切ることができていたと懐かしむ「おっさん」の中には、旧車會を憧れの目で見ている人もいるはずです。
しかし、実際の参加者の年齢層を見ると、若年層だけでなく比較的年齢層の高い人も少なくありません。
むしろ30代から40代・50代などの、いわゆる「おっさん」ど真ん中の世代が中心的になっていることもあり、年齢が高くても気後れすることなく参加することができるものと考えて良いでしょう。
年齢層が高めであるということから、イベントの楽しみ方も多彩であり、自分の好みに合うものを選んでみるのも楽しいかもしれません。
一つ言えることは、旧車會には年齢は関係なく参加しても大丈夫であるということです。
ぜひあなたも青春時代に戻り、かつてのやんちゃな自分を取り戻してみてはいかがですか。

旧車會イベントで単車の魅力を高めるド迫力な工夫とは

旧車會イベントで単車の魅力を高めるド迫力な工夫とは 毎年7月になると、全国のビンテージバイク愛好家が関東エリアに一堂に会するイベントがあります。
このイベントを企画運営しているのが旧車會で、全国に約8,000人の会員がいる国内最大級の二輪車同好会です。
この旧車會では1970年代~1980年代に掛けて生産販売されたバイクのみを持ち寄って、一般道の集団走行からカスタムバイクの展示をします。
参加をされている方々の年齢や性別はさまざまで、ビンテージマシンを愛する方ならどなたでも入会できるのが魅力ポイントです。
数多くの単車が集りますが、その中で目立ちつつ愛車の魅力を高める工夫がド迫力の工夫をすることです。
この工夫の中でもマスラー音に変化を加えたカスタマイズが旧車會で人気があります。
一般的な単車の場合、エンジン駆動時とアクセルをトップに入れた際の音は抑制されがちですが、このマフラーに増幅ピットや3気筒にカスタムをすればより魅力的なマシンにして旧車會の催しで注目を集められます。